今度のロボットはおじいちゃん!?~映画「ロボジー」~

今度のロボットはおじいちゃん!?
~映画「ロボジー」~

今まで数多くのロボット映画が製作されてきましたが、中に人間が入ったロボットはいなかったのではないかと思います。しかもただの人間ではなくおじいちゃんなのです!そんな前代未聞のロボット映画「ロボジー」についてと、その出演者であるミッキー・カーチス、吉高由里子についてまとめました。

お勧め出演作「スワロウテイル」

「スワロウテイル」は、1996年9月14日に公開された岩井俊二監督の映画です。三上博史、CHARA、伊藤歩など、現在第一線で活躍している豪華俳優陣が主演しています。ミッキー・カーチスは医者の役なのですが、「いつの時代でも若者の味方」というミッキー・カーチスの代表的な役柄は、この映画で決定づけられたと言われています。最近では本人も、「そんな役しか回ってこない」と語っているほどです。

映画「スワロウテイル」とは

岩井俊二が監督・脚本を担当した1996年の映画です。架空の歴史をたどった日本にある街を舞台に移民たちを描いた作品で、登場人物たちが日本語、英語、中国語、そしてそれらを混ぜた言語を話す無国籍風な世界観となっています。また、種田陽平による美術もその世界観に視覚的な説得力を与えており、実際のロケ地も海外・日本などめまぐるしく変わったと言われています。作中で小学生が偽札を行使するシーンが問題となり、映倫のR指定となっています。映画と前後して、岩井俊二による同名の小説が発表されたほか、作中のバンドYEN TOWN BAND名義のサウンドトラック「MONTAGE」も発売されました。

ストーリー

通貨の中で“円”が一番強かった時代。一攫千金を求めて日本にやってきた外国人たちは、街を「円都(イェン・タウン)」と呼び、日本人たちは住み着いた違法労働者たちを「円盗(イェン・タウン)」と呼んで卑しんでいました。これはそんあ円都に住む、円盗たちの物語です。円都にすむある少女は、唯一の肉親で円都の娼婦であった母が死んでしまい、行き場をなくしてしまいます。母の同僚の無責任な大人たちにたらいまわしにされる中、娼婦グリコの元に引き取られることとなりました。胸に揚羽蝶の美しいタトゥーを彫り、魅力的な歌を歌うグリコは、それまで名前が無かった彼女に「アゲハ」という名前を与えます。グリコもまた、円を夢見て上海から日本にやってきた円盗だったのです。彼女の周りにいる人々も皆、彼女と同じように円を求めて日本にやってきた円盗達でした。アゲハが彼らと過ごすようになって数日たったある日、アゲハを強姦しようとしたヤクザを誤って死なせてしまいます。彼の体内には一万円札の磁気データが記録されたカセットテープが入っていました。ひょんなことから一攫千金のチャンスを得たアゲハたち。データを基に作った偽札で儲け、グリコは日本出身の歌手としての道を歩み始めるのですが・・・。

キャスト

  • CHARA・・・グリコ(上海出身の円盗で、娼婦をしている。本名は「小蝶」。人を魅了する歌を歌う。)
  • 伊藤歩・・・アゲハ(娼婦の母親を持っていた円盗二世。母親がドラッグの密売に手を出して殺害されてしまい、その後大人たちをたらいまわしにされた挙句、グリコたちの元で働くことに。)
  • 三上博史・・・ヒオ・フェイホン(上海系の円盗で、グリコの恋人。テープ事件の後「YEN TOWN CLUB」のオーナーとなる。)
  • 江口洋介・・・リョウ・リャンキ(グリコの生き別れの兄)
  • 渡部篤郎・・・ラン(なんでも屋「青空」の店主)
  • シーク・マハメッド・ベイ・・・アーロウ(元ボクサーの円盗)
  • アブラハム・レビン・・・ニハット(肉体労働者風の円盗)
  • 大塚寧々・・・レイコ(グリコと同じ娼婦。エキセントリックな振る舞いが目立つ)
  • 小橋賢児・・・ホァン(円盗二世の不良少年グループのリーダー)
  • 顧暁東・・・ツェン(グリコたちに建物を提供した不動産屋)
  • アンディ・ホイ・・・マオフウ(上海系の殺し屋)
  • 洞口依子・・・星野(YEN TOWN BANDになったグリコのマネージャー。フェイホンとグリコを引き離そうとする)
  • ケント・フリック・・・デイブ(YEN TOWN BANDのメンバーを調達した日本生まれ日本育ちの西洋人。)
  • 田口トモロヲ・・・本田(音楽会社「マッシュレコード」のスカウトマン)
  • 鈴木慶一・・・楠木(音楽会社「マッシュレコード」の重役)
  • 塩見三省・・・須藤寛治(葛飾組のヤクザ)
  • 渡部哲・・・葛飾組組長
  • 山口智子・・・シャンメイ(ランと同じ諜報組織に所属する殺し屋。ランの相棒的存在のスナイパー)
  • 酒井敏也・・・ロリータ店長(アゲハがグリコに連れていかれた少女売春クラブのオーナー)
  • 武発史郎・・・浅川(YEN TOWN CLUB名義貸しのオーナー)
  • ミッキー・カーチス・・・ロック・ドク(最底辺の円盗が住む「阿片街」で病院を営む医者)
  • 桃井かおり・・・鈴木野清子(雑誌記者)

スタッフ

  • 監督・脚本・・・岩井俊二
  • 製作・・・河井真也
  • 音楽・・・小林武史
  • 撮影・・・篠田昇
  • 編集・・・岩井俊二
  • 製作会社・・・烏龍舎、ポニーキャニオン、日本ヘラルド映画、エースピクチャーズ、フジテレビジョン

感想

映画に興味のない人、CHARAを良く知らないひとでも「あいのうた」は聞いたことがあるのではないでしょうか。「あいのうた」はこの映画のために作られた曲です。映画自体はあまりヒットしませんでしたが、主題歌の方は大ヒットしました。わたしも主題歌の方を知ってから映画を観た口で、そういう人は結構周りにも多かったように思います。岩井俊二監督作品で、三上博史や渡部篤郎や大塚寧々や山口智子といった豪華俳優陣が出演している映画ということでかなり期待してみたのですが、映画自体ははっきりいってそんなに面白くないです。でもなぜだか心に残る映画で、5年に一度くらい思い出してまた観たくなるんですね。日本語や中国語や英語が入り混じる不思議な世界で、不思議な魅力のある歌手グリコが歌う歌がとても綺麗で、あの世界にもう一度浸りたいと思ってしまうのです。どこかで「これは映画ではなく映像だ」と書かれているのを見たのですが、私もそれに近い意見です。CHARAの壮大なプロモーションビデオのような映画だと思います。面白いか、面白くないかは別として、この映画は「心に残る映画」と言えると思います。観るたびに懐かしい気持ちになる映画で、ミッキー・カーチスの役どころもとても良いので、ぜひ一度観てみてください。